ツアーガイドの皆様へ〜やんばるの森ガイド制度〜

部会からツアーガイドの皆さんへのお願い部会からツアーガイドの皆さんへのお願い

世界自然遺産のやんばるの森を皆で協力して守っていくため、やんばる3村森林ツーリズム部会が自主ルールとして設定した本ガイド制度に対するご協力・ご参加をお願いいたします。
自然・文化や地域住民の暮らしを大切にし、安全なツアーを行うため、フィールドごとに決められたルールをしっかりと守りましょう。
登録・認定ガイドになってからツアーを行っていただきたいフィールドがあります。
最初に、「ガイド利用届出」をやんばる3村森林ツーリズム部会まで出してください。

<やんばるのガイド制度>

やんばる地域は、世界自然遺産に推薦された特別に自然豊かな地域です。この自然を保護するため、地域全体で適切な利用が求められています。また、適切な利用の推進は、自然や文化の保全のほか、地域活性化にもつながります。
そこで、やんばる3村森林ツーリズム部会が運営するガイド制度では登録・認定の2段階で構成されています。

実際の手続きの方法はこちら
登録・認定とツアーを行うまでの流れ
ガイド制度について詳しく
資料 PDF
全体構想はこちら
やんばる森林ツーリズム推進全体構想 PDF

【フィールドの種類とツアーを開催できるガイドについて】

各フィールドの自然の重要性等の特性によって、フィールドの種類が設定されています。種類によっては、登録・認定ガイドとしてツアーを開催するフィールドもあります。

表は横にスクールします
フィールドの種類 ツアー開催できるガイド フィールドの内容
保護フィールド なし
(利用しません)
自然環境の保全や社会背景などの理由から利用すべきでないフィールドです。
限定フィールド 認定ガイド
(地元限定)
自然環境の保全などのために、ツアーの開催を地元の認定ガイドのみに限定し、慎重に利用する場所です。
登録フィールド 認定ガイド
登録ガイド
(地域外OK)
適切な利用方法について理解・同意したガイド(認定/登録ガイド)がルールを守ってツアーを開催する場所です。 地域外のガイドも登録ガイドとして利用できます。
オープンフィールド 届出をした全員
(認定・登録不要)
ガイド利用届出を提出した全員が、ルールを守ってツアーを開催できる場所です。

【認定・登録のしくみ】

認定ガイド
(地元限定)

「やんばる森ガイド」を名のることができます 認定を申請した村の「限定フィールド」を利用できます 地域に密着し、地域に根差したツアーを実施できる地元のガイドです

認定基準

登録ガイド
(地域外OK)

「登録フィールド」を利用できます
適切な利用方法について理解・同意し、安全なツアーを実施できるガイドです
地域外の方でも登録することができます

登録基準

・ガイドをはじめるときは、最初に「ガイド利用届出」を提出します
・登録講習会を受講して、適切な利用方法を学びガイド登録を目指します